サービスデスク



 

対応業務


ビジネスを支えるITに対して、ユーザ要望の高度化、複雑化、規模の拡大、品質に対す継続的な改善を図ることと並行して、IT運用の効率化(コスト削減)が求められています。 サービスデスクは、ユーザからの窓口となり、ユーザからの問合せの対応から、社内で検知したアラートへの対応や、新しいサービスの情報発信等の、役割りを担っています。 サービスデスクには、ユーザ及び、複数のサプライヤーとの間にたって、情報整理をしたうえで、サービス活動を推進し、内容のみならず、スケジュールの確認をし、見通しをたてたコミュニケーションをすることが求められています。 複数のサプライヤーへの問合せ時に、それぞれサプライヤー毎の問合せ方法(Webサイト・メールアドレスの指定等)に従ってやりとりを行い、回答結果を社内共有情報として転記する業務が発生していませんか?

b-ridgeのサービスデスクでは、サプライヤーと共同利用ができ、進捗状況をいつでも確認できます。 問合せに対する回答内容の他、次のアクションと担当・期限を明確にすることで、課題単位の進捗状況を確認できます。

システム運用管理業務フロー

サービスデスクとサポート・サプライヤなどと情報を共有し、担当・進捗を可視化することでコミュニケーションを必要とするサービスデスクの業務の効率化を支援します。


システム運用管理業務フロー

拡大して見る


Business b-ridgeによる問合せ業務の改善

問合せ業務での問題点:
  • メールでは、ユーザと担当者だけの閉じたコミュニケーションになる。
  • 問合せ対応のノウハウや経験がナレッジとして残らない。
  • 問合せの進捗情報が分からない。
Business b-ridge導入後の改善点
  • 問合せ業務をすることでデータが蓄積され、ナレッジとして残る。
  • 問合せの対応状況が可視化されることで、サービスレベルのマネジメントが出来る
  • データベースからトレンド分析が容易に行えるようになる。
  • 回答内容を承認ワークフローを通すことで、正確性を向上させることが出来る。

Business b-ridge導入後

サービスデスクとサポート・サプライヤなどと情報を共有し、担当・進捗を可視化することでコミュニケーションを必要とするサービスデスクの業務の効率化を支援します。


Business b-ridge導入後

拡大して見る


Business b-ridgeによりもたらされる成果

問合せ内容をナレッジとして蓄積されることで、問合せ精度・効率が向上し、社内へのフィードバックを活性化させます。


Business b-ridgeによりもたらされる成果

拡大して見る


お問合せ・資料請求・メルマガ購読
  • お問合せ
  • 資料請求
  • メルマガ購読

ページTOPへ