設備調達・見積査定業務

対象プロセス

設備調達時におけるサプライヤーとの見積査定や発注業務

課題
  • サプライヤーごとに見積書の内容がばらばらで比較検討が困難である。
  • 受け取った見積書の購買依頼者との共有や、その結果の差し戻し、再見積取得のやり取りが煩雑である。
関係者
  • 工場の設備担当者など購買依頼者
  • 購買・調達担当
  • サプライヤー

「設備調達・見積査定業務」プロセスで発生しがちな課題

  • 設備・工事関係などの調達は、規模、金額が幅広く、調達品目も形のあるものから、ソフトウェア、役務など多岐に渡っており、類似の調達案件が探しにくい。
  • 一式見積が多く、比較検討がしづらい。
  • 各社で見積の書式が異なり効率的に分析・比較作業を進められない。
  • 受け取った見積書の購買依頼者との共有や、その結果の差し戻し、再見積取得のやり取りが煩雑である。変更箇所も把握しにくい。
image-ideal

image-before

Business b-ridge 適用後

サプライヤー、購買依頼部門、購買部門が、各種権限のついた見積・発注データをシステム上で共有し、そのままデータとして残す。

image-after

Business b-ridgeの適用効果

  • 統一見積フォームを活用し、各社見積評価の効率化が図れる。
  • サプライヤー、購買部門、購買依頼部門間で効率的に情報共有できる。

日常的な効果

  • 電子メールに添付する形で複数先に配っていた情報が権限付きで安全に共有・利用できる。
  • 蓄積された見積、購買データを活用し、今後の調達活動に活かすことができる。
  • ERPとの連携(発注・実績情報の共有)により、二重入力の手間が削減する。
Business b-ridge製品カタログ

Business b-ridge
製品カタログ

Business b-ridgeの活用イメージ、機能の概要を理解いただけるカタログです。

ダウンロード
Business b-ridge製品説明資料

Business b-ridge製品説明資料

Business b-ridgeで解決する業務課題の説明や製品の特徴、導入事例などの情報を記載した資料です。

ダウンロード
procurement_img

「見積・購買管理」ご利用シーン リーフレット

調達業務における購買依頼部門、購買・調達部門およびサプライヤー間の業務プロセスに、Business b-ridgeを利用した場合の業務プロセスや効果を記載したリーフレットです。

ダウンロード