貿易業務 輸入

対象プロセス

輸入通関時における輸入管理部門、荷主部門、フォワーダー間の輸入受付~通関~請求業務

課題
  • 現行システム基盤(サーバー・OS等)が老朽化しており更新する必要がある。
  • コンプライアンス視点や関税法改正等の法規制変更対応からの輸入管理システムの精査、機能強化が必要である。
関係者
  • 輸入管理部門
  • 輸入依頼者(荷主)
  • フォワーダー(通関業者)
  • 税関官署
  • システム管理部門

輸入通関プロセスで発生しがちな課題

  • 通関関連書類の輸入依頼者、フォワーダーとの共有や、その結果の差し戻し、再通関依頼のやり取りが煩雑である。
  • 関税法改正等の法規制変更の都度、各種手続き書類の確認箇所を追加/変更する必要がある。
貿易業務 輸入の理想

改善前

Business b-ridge 適用後

改善後

Business b-ridgeの適用効果

  • ノンコーディングでシステム構築・変更ができるため、法規制変更対応が迅速かつ容易に。
  • SaaSの採用でIT部門・業務部門ともに、保守期限切れなどによるシステム更新負担から解放された。

日常的な効果

  • フォワーダーが直接システムへアクセスするため、輸入管理部門のフォワーダーとのコミュニケーション時間が削減(輸入受付時、分割・内点依頼時、通関依頼時)
  • 輸入許可証を税関官署のシステムNACCSから自動受信するため、輸入許可証を社内手続きに関連させて保管する時間が削減
Business b-ridge製品カタログ

Business b-ridge製品カタログ

Business b-ridgeの活用イメージ、機能の概要を理解いただけるカタログです。

ダウンロード
Business b-ridge製品説明資料

Business b-ridge製品説明資料

Business b-ridgeで解決する業務課題の説明や製品の特徴、導入事例などの情報を記載した資料です。

ダウンロード