【Webセミナー】With コロナで変わるグローバルSCM
「持続的な調達を支えるサプライヤーリスクマネジメント」編

 
Business-b-ridgeWebiner_COVID-19_risk
 

製造業では新型コロナウィルス影響を受け工場生産停止や海外からの物流停止など危機的状況が発生し、安定したサプライチェーンを実現するため供給網の見直しが急務となっています。
特に調達分野では柔軟にサプライヤーを変更できることや、特定の国・地域からの調達を避けて分散化するなどを探る動きが高まっています。

本セミナーでは、サプライヤーに関する情報管理に焦点を当て、その供給能力に加えて、CSR/ESGといった観点での情報管理、新型コロナウイルス禍に見られる既存ネットワーク分断・破壊に対応するための情報管理を効率的に行うための基盤として、ビジネスエンジニアリングのSaaSプラットフォームBusiness b-ridgeを用いた業務効率化事例をご紹介します。
 
【解決する課題】
  • サプライヤーからの情報取集時間の削減
  • 危機発生時のタイムリーな対策立案
  • 平時からリスク情報をアップデートする文化
 
【講演者】
ビジネスエンジニアリング株式会社 ソリューション事業本部b-ridgeサービス部nishimura
コンサルタント 西村佳男
製造業向けのERPの導入コンサル・PMを経て、Business b-ridgeの企画・開発でサービス全体を設計、サプライチェーン分野を中心にBusiness b-ridge導入コンサルティング業務に従事。お客様の生の声が聴ける現場に関わり、業務・運用にさらなる貢献ができるサービス提供を企画していくことを志している。
 
【視聴方法】
フォームにご入力ください。送信ボタン押下後、視聴ページに遷移します。
 
【お知らせ】
同シリーズのWebセミナー
「With コロナで変わるグローバルサプライチェーン管理~デジタル化で製造委託先とのスムーズな情報連携を実現」編もございます。ご案内はこちら
 

視聴申し込み