【Webセミナー】With コロナで変わるグローバルSCM
「デジタル化で製造委託先とのスムーズな情報連携を実現」編

 
Business-b-ridgeWebiner_COVID-19_cmom
新型コロナウィルス感染症拡大によるリモートワークの浸透や海外渡航制限などワークスタイル変化により、もともと製造委託に内在していた情報連携の難しさが顕在化し、運用方法の見直しが急務となっています。
具体的には、現地での会議・オフィス勤務前提の運用が難しくなり、生産依頼、納期回答、製造実績、出荷通知といった予定調整・実績把握のための業務時間が長大化し、情報の停滞や誤情報利用に伴う誤作業・変更への対応遅延リスクが高くなっています。

本セミナーでは、委託先との情報連携に焦点をあて、現業の回復のみならず、今後の委託先再編・拡大も視野に入れた業務効率化を図るための情報連携基盤として、ビジネスエンジニアリングのSaaSプラットフォームBusiness b-ridgeを用いた業務効率化事例をご紹介します。
 
【情報連携基盤利用により解決する課題】
  1. 委託先との調整作業のための情報整理時間の削減
  2. 計画調整業務と同期した進捗確認
  3. 需要情報やスペック/変更レター情報の集約
  4. 生産管理システムとの連携による転記のムダ削減
 
【講演者】
ビジネスエンジニアリング株式会社ソリューション事業本部b-ridgeサービス部oka
部長 岡 正弘
製造業向けにERP、SCPのコンサルからPMを歴任、その後製造系実行システム(MES/WMS)PMを経て、Business b-ridge責任者として従事。システムの提供だけでなく、業務・運用の改善実現化をサービス提供したいと考えている。
 
【視聴方法】
フォームにご入力ください。送信ボタン押下後、視聴ページに遷移します。
 
【お知らせ】
同シリーズのWebセミナー
「With コロナで変わるグローバルサプライチェーン管理~持続的な調達を支えるサプライヤーリスクマネジメント」編もございます。ご案内はこちら

視聴申し込み