サプライチェーンコラボレーション



 

対応業務

今日の製造業では、委託先の製造業者・製造販売業者との連携を密にしたサプライチェーンネットワークが構築され、工程単位での委受託が繰り返されています。
統制をきかせ、柔軟性・多様性も考慮したサプライチェーンネットワークの実現に向けては、人とシステムが調和し、変化に強い協働ワーク(ビジネスコラボレーション)を支援するシステムが必要です。

「サプライチェーンコレボレーション」は、次の業務でご利用いただけます。

・計画調整
・納期管理
・支給品調整
・棚卸
・製造進捗報告
・県債・試験報告
・事前出荷調整
・入荷通知

サプライチェーンコラボレーション 対応業務

拡大して見る


取引先連携におけるサプライチェーン業務の課題


取引先連携におけるサプライチェーン業務の課題

Business b-ridge導入後・成果

Business b-ridgeは、製造所と販売業者での報告のタイミングの違い、書類等の様式の違いを吸収し、メールと電話連絡によって発生するコミュニケーションのミス、転記作業のミスなどをなくします。
Business b-ridgeは、サプライチェーンネットワークの協働ワーク(ビジネスコラボレーション)に最適で、業務効率と業務スピードを向上させます。


Business b-ridge導入後

拡大して見る


Business b-ridgeによりもたらされる効果


自社、自社グループ、協力会社間で大規模なシステム改善や業務改善を実施することなく、協働ワーク(ビジネスコラボレーション)
が実現でき、製品・プロセス単位に種々の情報がスピーディに・精度高く収集されます。
Business b-ridgeは、サプライチェーンネットワークのコストダウンだけでなく、顧客満足度の向上にも貢献します。

Business b-ridgeによりもたらされる成果

お問合せ・資料請求・メルマガ購読
  • お問合せ
  • 資料請求
  • メルマガ購読

ページTOPへ