コラボレーションツール比較


ビジネスコラボレーションに利用されるIT は、下記のようなコラボレーションツールが一般的です。
  • メール+添付ファイル
  • ファイル共有システム
  • グループウエア
  • 統合プラットフォーム
  • エンタープライズソーシャルウエア
Business b-ridge(ビジネスブリッジ)とこれらのコラボレーションツール比較をしました。
コラボレーション:コラボレーションツール比較 Business b-ridge(ビジネスブリッジ) は、他のコラボレーションツールが苦手な管理性・全体俯瞰を実現した「結果を出す規律的ビジネスコラボレーション」専用のサービスです。

グローバルで、社外とのビジネスコラボレーションで利用し、その結果を貴社システムへ反映できます。

Microsoft Azureプラットフォーム上で稼働(MSサービスとの連携)

Microsoft Azureプラットフォーム上で稼働(MSサービスとの連携) img_space Business b-ridgeは、Microsoft Azure Active DirectoryのユーザID管理とサービス連携します。IDP:ID Providerについて
Business b-ridgeは、OpenIDやOAuthといった認証連携技術を活用したID管理とサービスと連携します。
Microsoft Azure AD、Google、貴社ADサーバとの連携が可能です。

オンプレミスシステム・他クラウドサービスとの連携

オンプレミスシステム・他クラウドサービスとの連携 img_space 貴社オンプレミスシステム、他社システム及び他のクラウドサービスとの連携ができます。Business b-ridge上で調整した結果を貴社システムに反映できます。

プログラミングレスでアプリを提供(設定と管理)

最短で半日でアプリを設定し利用開始できます。
img_space
1.パラメータ設定
フォームの項目の名前、データ型、入力可能値、初期値、計算式を設定します。
他のデータテーブルとの関連づけを行います。
Business b-ridgeは、設定したテーブルを他のテーブルと連携をとることを設定で表現できます。
img_space

パラメータ設定画面

2.ロール(役割グループ)設定
ロール単位にデータ項目の権限設定(編集、表示、非表示)、利用できる機能(ファイルダウンロード、アップロード、登録、削除)を割り当てます。
Business b-ridgeは、データのステータスによってそれぞれのロール(役割グループ)に対する権限が設定できます。

ロール・権限設定画面

3.アプリ設定結果の確認
データ一覧と個別詳細を画面で確認してレイアウト、ソート順、列幅を調整します。マネージャー、チームリーダーが仕事の進捗を確認するために、エクセル台帳を作成して、メンテナンスする役割をエクセル列見出しに記載してメンバーに周知している業務は数多いのではないでしょうか。その業務がそのまま、Business b-ridgeで表現できます。Business b-ridgeは、プログラミングレスで、スピーディに、アプリケーションを提供します。

アプリ画面 苦情報告一覧

アプリ画面 苦情報告一覧


アプリ画面 苦情報告 詳細

アプリ画面 苦情報告 詳細

お問合せ・資料請求・メルマガ購読
  • お問合せ
  • 資料請求
  • メルマガ購読

ページTOPへ