Business b-ridgeとは

Business b-ridgeは、グローバルでマルチサプライヤーと連携をとり目標を実現するためのデータ指向コラボレーションツールです。


お客様の期待を超える効果を出します

  • ■グローバルでグループ会社・サプライヤーと連携をとり、製品開発、グローバル市場での同時立ち上げを担当されているお客様
  • ■市場への供給責任及び品質保証責任者のお客様
  • ■複数サプライヤーをまとめてサービス提供するプロジェクトマネージャー・プログラムマネージャーの皆様
  • ■グローバルでのメンバーとの確実なコミュニケーションを必要としているお客様

Business b-ridgeとは

Business b-ridgeの画面は、表計算ソフトのような表情をしています。行と列で囲まれた「台帳型」の入力画面にデータを入力し、台帳データを「コミュニケーションを取りながら協働ワークで完成させていく仕事」を支援するのが、 Business b-ridgeのアプリケーションです。

Business b-ridge は、「セキュリティ・ロールモデル」として、ユーザの役割毎に上図のような権限設定ができます。


私たちのモットーは、ビジネス変化への対応を前提とした機能をクラウドアプリケーションで、お客様へお届けすることです。

取引先の変更や、役割変更、管理するデータ項目の追加の対応の都度、IT部門、ITサプライヤーへ変更依頼することなく、業務部門で対応できます。グローバルでの利用を前提に、セキュリティ及び監査機能を充実させ、安心・安全な作業環境を提供します。


Point1 データの作りこみ業務を支援


設計データ・受発注データ・報告データ等、データフォームに、記載するべきタイミングで更新業務を行います。過去の経緯、そして現在の担当者の状況を確認できます。

Point2 コミュニケーション支援 レスポンス・ラリーの実行


現在のアクションの担当者、期限や、コメントの連絡、対策状況等、現在の状況の共有を図ります。

アウトプットに対するクイックな応答により、次のステップへ進むきっかけを生み出します。

Point3 オンプレミスシステム連携 オンプレミスシステムとの連携


貴社の社内システムと安全に連携を図ることができます。

Point4 管理・監査の充実 変化への対応・監査の充実

業務で慣れ親しんだスプレッドシートの使い勝手そのままに、テーブル定義を画面で簡単に設定できます。設定したテーブルは業務の変化に応じて定義を変更できる柔軟なデータ構造です。

Business b-ridgeは、SaaSとして提供させていただく製品・サービスです。お客様が適切なコストで、安心、快適にご利用いただくために、マイクロソフト社のクラウドプラットフォームであるMicrosoft Azure上で稼働し、さらに、クラウドの特長を生かすために、弊社独自の工夫を加えたアプリケーション稼働環境を備えています。


Point1 クライアント環境に依存しないリッチなUI


ユーザに快適にご利用いただくために、 Business b-ridgeはリッチなユーザインターフェース(UI)を提供しています。FlashやSilverlightなどのプラグインを使わず、Web標準技術(HTML/CSS/JavaScript)で構築しています。これにより、クライアントの環境に依存しない、リッチなUIを提供しています。

Point2 コストの最適化


Microsoft Azureからは、高機能なRDBのSQL Azureと、低価格で機能限定のMicrosoft Azure Storageが提供されています。b-ridgeは、データの特性に応じて2種類のストレージを使い分け、ストレージコストを最適化しています。また、両ストレージ間でデータのやり取りが発生した場合にも、データの一貫性が保たれる工夫をしています。

Point3 パフォーマンスの最適化

転送データを小さくするため、Business b-ridgeでは、サーバとのやり取りは基本的にAjaxで行います。

また、転送時間のロスを補うために、サーバサイドではキャッシュ技術を取り入れ、重い処理やリアルタイム性をあまり求められない処理などは、Microsoft Azure Storage Queueを利用してバックグランドで非同期に実行しています。さらに、共有メモリストアであるMicrosoft Azure Cacheを利用することで、スケーラビリティを維持しながら、パフォーマンスを向上させています。

Business b-ridgeは、Microsoft Azureが提供するセキュリティ対策に加えて、独自のセキュリティ対策として、通信の暗号化、トークンベースの外部認証の採用などを施しています。


Point1  Business b-ridgeはトークンベースの外部認証を利用しています。

トークンベース認証により、なりすましなども極めて困難となり、また、テナント毎に接続元制限をかけることができ、論理的に対象のテナントへの接続元に対して制限をかけることもできます。(認証サービスとWebアプリケーションの間でやり取りされる認証情報は一般にトークンと呼ばれています。) また、 Business b-ridgeでは、Microsoft Azure Access Control Service(ACS)を利用することで、現在よく使われている様々な認証プロトコルに対応し、GoogleアカウントやOpenIDなどのオープンなアカウントだけでなく、オンプレミスのMicrosoft Azure Directory(AD)のWindowsアカウントも使えます。

Business b-ridgeは、ビジネス用途向けにマイクロソフト社が提供するクラウド Microsoft Azure上に、B-EN-Gが独自にアプリケーションを開発し、セキュリティを強化して提供するSaaSです。


Point1 安心なMicrosoft Azureプラットフォーム


Microsoft Azureは、データセンターの施設レベルからネットワーク、サーバー、そしてデータ センター内で運用に従事している運用管理者のアクセス管理に至るまで複数の層で防御対策を行っていますので、お客様は重要なデータを安心して預けることができます。 Microsoft Azureは、データベースの3重化、ストレージの3重化などの強固なデータ保護機能を提供しており、ハードウェア障害やOS/ミドルウェアの障害が発生した場合にもデータが失われないような特長を有しています。

Point2 Business b-ridge サービスマネジメント

Business b-ridgeは、企業レベルで安心・安全にご利用いただくために、世界レベルのクラウドセキュリティ対策を実現し、信頼性向上を図るため、管理、監査情報をお客様へご提供いたします。

■セキュリティ対策(ID認証連携機能/アプリケーションレベルのセキュリティ対策/接続元制限)

■可用性対策(サービスの自動監視/日次バックアップ)

■監査性対策(監査ログ・データ変更履歴/SLA(サービスレベルアグリーメント)

お問合せ・資料請求・メルマガ購読
  • お問合せ
  • 資料請求
  • メルマガ購読

ページTOPへ